忍者ブログ
Sekibun

2017.12.15 Fri 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.10.18 Thu 「 ゲルインキボールペンに関する考察未選択
最近、脳を活性化させ、せっせと暗記をする作業をしています。
学生の頃から、暗記には苦手意識がばりばりで
ひたすらそれを避けてきたのですが
細かく区切って覚えれば意外といけることが判明したので
ちょっと楽しいです。

それで暗記に欠かせないのがボールペン♪
本日は私なりのボールペンへのこだわりを発表しまーす。
長いです。自己満足です。ついてこれなくていいです(笑)


さて、私なりに開発した暗記方法は
ざっとまとめる→文章にして書いてみる→採点
という文章にしてみたらごくごくオーソドックスですが
この流れが大事です。

それで、第一段階のざっとまとめる時には
パイロットの油性ボールペンを使ってます。
軸はドクターグリップ。インクはA-ink。
(2枚目の写真の一番下のペンです)
ここは書きやすさ重視で、
油性ボールペンを使っています。
(インクの種類の別の話はもう少し下で)

で、今回こだわっているのが、
文章にして書いてみる時に使うペン。
これは

・大量の字を書いてもなるべく疲れない
・後から見たとき萎えないくらいには綺麗な字が書ける
・さらに読みやすいように黒字くっきり
・採点する時にかすれたりしない

この4点が非常に大事ということが分かってきました。
で、これに適すると思われるのが
「ゲルインキ」という種類のBPです。
ボールペンのインクの種類には大まかに
「水性」「油性」「ゲル」の3種類があって、
それぞれ書き味や特性が異なります。
書きやすさでは、私は油性の書き味が好きですが
(特にパイロットのA-inkというインクはすごいです)
読みやすさという点では、
ゲルインクがくっきりはっきりなので、
後から見る文章などにはこちらを愛用しています。
あとこの暗記作業の最終目的である試験の時に書く文章は、
採点する人に読みやすいような字で書きたいので
なるたけ常に読みやすい字、文章を書くのに
慣れておきたいということもあり。

それで、やっと本題です(笑)
今日、ゲルボールペンがインク切れになりました。
買い置きの替え芯がありませんでした。
ならば、今回インクをちょっと変えてみようか?
と思い立ちまして。
それぞれの書き味比較してみようと思ったわけです。

それで!



とりあえず、使えそうな替え芯を3つ買ってきました。
左から
★ぺんてる ハイブリッドテクニカ0.7
★ぺんてる エナージェル0.7
★OHTO G307N7
です。

今まで、私は「ぺんてる ハイブリッドテクニカ0.5」のインクを
ゼブラエアフィット(ゲル用)の軸に入れて使っておりました。
(2枚目の写真の水色のペンです)
この軸は、適度な太さと透明部分のぷにぷにの硬さが丁度良くて
かなり愛用しております。
ちなみにぷにぷに部分は、以前限定で発売された
ラメ仕様のシャープペンから
ぷにぷに部分だけを移植しています。
通常バージョンより若干堅めで
マイベストバランスです。
この軸は変えたくないので、
この太さで使えそうな芯を買ってきました。

1つめのハイブリッドテクニカ0.7は、
今までの芯の太さを変えてみたものです。
書き味を維持したまま、
字を濃くかけるかと期待してのエントリーです。
そもそも何で今回、中身を変えてみようかと思ったというと
現行のハイブリッドテクニカ0.5は書きやすさ、
力の入れやすさなどは最高なんですが

●字が若干薄い
(文字の真ん中にうっすら溝みたいなのがはいることも)
●インクの渇きが致命的に遅く、
手の腹でこすると滲む、拡散する

この2点に不満があったからです。
特に渇きの遅さで、紙が汚れるのは、
後から見たときに萎え萎えなので、
本当にどうにかしたかった点です。
2つめのエナージェルは速乾性が売りなので、
そこに期待して買ってみました。
3つめのOHTOは、ニードルポイントへの期待です。
現行のハイブリッドテクニカ0.5も(0.7もですが)
ニードルポイントなのです。
ニードルポイントっていうのはペン先の形です。
円錐形とニードルポイント形があって、
通常のBPは円錐形が多いです。
名前のまま円錐形になっている形です。
対する、ニードルポイントは、
細い円柱状のペン先がスッとのびている感じです。
パイロットのハイテックCなんかがイメージしやすいかもです。
私はこの形状が好きなんですよ。

さて。というわけで、買ってきた替え芯3本と、
家にあったゼブラのJF-0.5
(これはSARASAなどで利用されていて
 エアーフィットの純正インクはこれです)
ついでに、油性A-inkも書いてみました!!!!

↓↓↓

20071018.JPG








ここで一つ重大な事実が。
OHTOの替え芯は、軸に上手くあわず・・・がっくり。
悔しいので、とりあえず替え芯を持って書いてみました。
なかなかいい感じの書き味だけに余計悔しい・・・(笑)

この中ではエナージェルがいい感じ。。です。
書き味はやっぱりハイブリッドテクニカ0.5(今までのやつ)
に勝るものはないんですが、
エナージェルの渇きの速さは魅力的です。
思ってた以上に速かったです。
全然かすれなーい。
そして、思っていた以上に線の太さが太かったので、
エナージェル0.5でもいいかも、と思いました。
買うときに試し書きした感じでは0.5は線が細すぎだと思って
候補からはずしたんですが・・・
しかもエナージェル0.5にはニードルポイントもあるんですよ。
(円錐形もあります)
こ・・・これは0.5ニードルポイントを買うしかないです。

というわけで、ボールペンも
インクによって微妙な違いがあって、
それをちょっとこだわるのが楽しいという、
そういう趣味があることを
披露してみたかったという話でした。
PR